アプリ開発

ネイティブアプリ開発とは?分かりやすく解説します!

投稿日:

ネイティブアプリ開発ってどういう意味か分からない方。

ネイティブアプリ開発を始めたい!と思っている方へ。

ネイティブアプリ開発とは何かというのと、どうやったらネイティブアプリ開発を始められるのかについて知りたいと思いませんか?

この記事を読むことで、ネイティブアプリ開発への理解とネイティブアプリ開発を始めるための方法が完全に分かります。

その根拠として、実際にネイティブアプリ開発を行った経験からお話しします。

ネイティブアプリ開発とは?

ネイティブアプリ開発とは?

OS上で動くアプリを開発すること

ネイティブアプリとは、OS上で動くアプリのことを言います。

さらに、ネイティブアプリ開発というのは、ネイティブアプリを開発することを指します。

ネイティブアプリというのはしばしばwebアプリと比較されます。

では、webアプリとは一体何かというと、それはブラウザ上で動いているアプリのことをいいます。ネイティブアプリと違う点としては、OS上で計算を行なっていない点になります。

具体例として、Mac上のIllustratorなどのアプリはネイティブアプリと呼ばれ、Google DriveなどをSafari上で開いて使っている状態をwebアプリと言います。

このように、ネイティブアプリとwebアプリの違いはOS上で動いているか否かが違いとなります。

そんなネイティブアプリですが、今回は、その中でもモバイル向けのネイティブアプリ開発について説明してきます。

iOSアプリの多くは、Xcodeを使って作られる

iOSというiPhoneやiPadなどに搭載されているOS向けのネイティブアプリは、Xcodeと呼ばれるApple社が提供している公式のMac用ソフトによってその多くが作られています。

もちろん、それ以外のネイティブアプリを作る手段はありますが、Xcodeを使って作成されたものが多いです。

Androidアプリの多くは、Android Studioを使って作られる

Androidと呼ばれるOSはAndroid搭載のスマホ端末に使用されているものです。

Apple社の出すiPhoneなどの製品以外では、ほぼほぼAndroidが搭載されていると考えてもらっても差し支えないレベルで普及しています。

そのAndroid用に作られるネイティブアプリは、Android Studioを使って作られたものが一般的になります。

スポンサーリンク

ネイティブアプリのメリット

ネイティブアプリのメリット

使える機能が豊富

ネイティブアプリによる開発では使用できる機能が多いことがメリットとして挙げられます。

基本的にそのOS上でアプリを動かすことになるので、その端末や製品自体のフルのスペックを活用することが可能だからです。

一例として挙げられるのは、iOSアプリにおけるAR技術です。ネイティブアプリ開発ではなければ、iOSが提供している最新のAR技術を用いたアプリを作成することはできません。

このように、使える機能が豊富であるという点はWebアプリよりも良い点であり、差別点になります。

リファレンスが充実している

基本的に、ネイティブアプリの開発方法のリファレンスの方が充実している場合が多いです。

その理由として、少なくとも製品を出している会社が提供するのはネイティブアプリの開発方法であり、それらに関する知識というのは序盤に多く出回るからです。

実際に、私はiOSアプリ開発をしているわけですが、そのリファレンスは多くインターネット上にあるため、開発中に困ったことはほとんどググるだけで答えが分かります。

スポンサーリンク

ネイティブアプリ開発の始め方<とても簡単です>

ネイティブアプリ開発の始め方<とても簡単です>

iOSアプリ開発を始めるならXcodeをダウンロードするだけ

iOSアプリ開発を始めたければ、Xcodeという専用ソフトをダウンロードするだけです。

その理由として、XcodeさえあればiOS向けのネイティブアプリを作る上で必要な環境はすべて整えることができるからです。さらに、XcodeはMac向けのネイティブアプリも完全に作ることができる環境が整えられるので、そちらも制作可能になります。

ダウンロードの手順は簡単です。Macを持っていればすぐ始められます。

おすすめ記事
MacでXcodeのダウンロード・インストール方法<初心者>

  どうも、porukaです。 今回は、Macを使用して、iPhone用アプリ開発をまだ始めていない初心者向けにXcodeのダウンロード・インストール方法について詳しく解説します。 &nbs ...

続きを見る

Androidアプリ開発を始めるならAndroid Studioをダウンロードするだけ

Androidアプリ開発を始めるならAndroid Studioをダウンロードするだけです。

その理由として、Android StudioさえあればAndroid向けのネイティブアプリを作ることが十分に可能だからです。

Android StudioというソフトはMacとWindowsのどちらでも使用できます。

ネイティブアプリ開発にはパソコンも会社の製品に揃えるべき

ネイティブアプリ開発は基本的にパソコン自体も同じ会社の製品を揃えるべきです。

その理由として、開発環境の充実度の差が生まれてくるからです。

iOS向けのネイティブアプリを作りたかったら、同じApple製品であるMacで開発した方が良い環境下でできますし、Android向けのネイティブアプリを作りたかったら、Windowsのパソコンを使用する方が好ましいです。

このように、同じ会社の出す製品を用いた方が互換性が高く、開発しやすいです。

おすすめ記事
まずは、どんなアプリを作りたいのか考えよう
個人アプリ開発の勉強の始め方を徹底解説!

アプリ開発の勉強を始めたいけど、どのようにすれば良いのかあまり分かっていない方。 アプリ開発の始め方を知りたいと思っている方へ。 この記事を読むことで、個人アプリ開発の勉強をスムーズに始められるように ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アプリ開発
-

Copyright© poruka blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.