アプリ開発

macでアプリを作成することは十分可能!その方法を徹底解説!

macを持っていて、アプリ開発をしてみたいなと考えている方へ。

どのようにスマホ用アプリ開発を始めるのか気になりませんか?

この記事を読むことで、macでスマホアプリを簡単に作成できるようになるための方法が分かるようになります。

実際に、私がmacでアプリを作成した経験から、macでアプリを作成する方法を分かりやすく解説していきます。


macがあれば、容易にスマホ用アプリの作成を始めることができます

macがあれば、容易にスマホ用アプリの作成を始めることができます

macであれば、iOSとAndroid両方のアプリを作成できます

macですと、iOSとAndroidのアプリ両方の作成環境を整えることができ、かつその方法も容易です。

理由としては、WindowsによってiOSアプリ開発が中々出来ないのに対して、macであれば、その環境を簡単に準備できること、要するにWindowsと比べると、圧倒的にmacの方が環境を整えやすいと言えるからです。

Windowsでも、頑張ればiOSアプリ開発も可能ですが、Apple社が提供するサービスを使えないこともあり、厳しい点も多いです。

一方で、macは次に紹介するXcodeというソフトさえあれば、iOSアプリが作成できる環境が作れます。

また、Androidアプリ開発に関しては、どちらのOSでも環境構築の難易度は変わらないので、相対的に見ても、macユーザーは、アプリ開発を始めやすい環境にあることは間違いありません。

必要なのはXcodeという専用ソフトのダウンロードのみ(Androidの場合はAndroid Studio)

アプリ開発の準備に必要なのは、Xcodeというソフトのダウンロードのみです。

macであれば、iOSアプリを作成する際にXcode、Androidアプリを作成する際にはAndroid Studioをダウンロードすればすぐにアプリ開発を始められるからです。

例えば、Xcodeをダウンロードして起動すれば、すぐにプロジェクト作成ができて、そこでiOSアプリのプロジェクトを選択すれば、ものの10分ほどでスタートラインに立つことが可能です。

macであれば、スペックは気にする必要なし!

macであれば、アプリ開発に必要なスペックは基本的に満たしているという認識で構いません。

その理由としては、MacBook Airの1番やすい形であっても、アプリ開発が十分に可能だからです。

私も、アプリ開発はMacBook Airで行いましたが、全く問題なくリリースすることができたので、スペックは気にする必要がありません。

1つ気にする点があるとすれば、それは容量です。Xcodeのソフト自体がかなり容量を必要とするので、注意をしなければなりません。

スマホもできれば準備しよう

スマホも準備できるのであれば、揃えましょう。

その理由として、アプリ開発を行う上で、スマホがあれば、実機で実際に作成しているアプリを動かすことで、デバックがしやすくなるからです。

もちろん、mac上でアプリを動かすこともスマホシミュレーターがあるため可能ですので、必ずしも実機のスマホが必要というわけではありませんが、あった方が便利といった具合です。

おすすめ記事
初心者でiPhoneアプリ開発を始める方法【決定版】

    iPhoneアプリ開発をしたことがないけどしてみたい方へ。 iPhoneを持っていてアプリ開発にも興味があるが、どう始めるか分からないと思っていませんか? この記事では、初 ...

続きを見る

macでアプリ開発する上で必要な費用や期間

macでアプリ開発する上で必要な費用や期間

基本的に無料でアプリの作成を始められます

基本的にmacさえあれば、アプリの作成は無料で始められます。

その理由として、先ほどの説明した通り、macにXcodeをはじめとする無料で手に入れられるソフトをダウンロードするだけで良いからです。

私自身も、アプリ作成をしようと思って始めた時には、最初からmacを持っていたので、そのmacを使ってソフトを入れるだけで始めることができたので、特にお金がかかることがなかったです。

おすすめ記事
個人によるアプリ開発でかかる費用を徹底解説!【完全版】

自作のアプリ開発をしてみたい方へ。 個人でアプリ開発をするとなると、どれぐらいの費用がかかるか不安に感じていませんか? この記事では、以下のことを分かりやすく解説していきます。 目次 個人によるアプリ ...

続きを見る

短期間でアプリを作成することも十分に可能!

アプリの作成を短期間で行うことも十分できます。

その理由として、実際に作成するアプリがどの程度の機能数などによって変わってくるものの、簡単なアプリであれば、それほど時間もかからずに作ることができる環境がmacには整っているからです。

特に、Xcodeであれば、使い方もすぐに身につきますし、アプリ開発自体も勉強は必要なもののしっかりと要点を抑えて勉強を進めれば、1~2週間でできたという人がいてもおかしくないくらいのレベルになります。

ちなみに私はかなり慎重にそして機能数が多いアプリの作成を進めていたので、数ヶ月〜半年ほどかけて一つのアプリを作り上げました。

アプリ開発が、どれくらいの期間がかかるのかについてはこちらの記事で詳細をまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください。

おすすめ記事
個人アプリ開発の流れとそれぞれに要する時間
初心者がアプリ開発を始めてリリースまでにかかる時間を徹底解説!

個人でアプリ開発を始めたいと思っている方へ。 プログラミング初心者がアプリ開発を勉強してリリースするまでにどれくらい時間がかかるのか気になりませんか? この記事を読むことで、アプリ開発の勉強からリリー ...

続きを見る

おすすめ記事
案だしからリリースまで!個人アプリ開発の流れをすべて教えます!

    個人アプリ開発における流れを知りたい思っている方へ。 アプリ開発をしたみたいけど、どんな感じなのか不安に思っていませんか?   本記事では個人アプリ開発の流れを解 ...

続きを見る

macさえあれば、誰でも気軽にアプリを作成できます

macはアプリ作成をする上でとても気軽に行えます。

上記でこれまで説明してきた通り、Windowsに比べてmacはアプリ開発に適した面が多く備わっているからです。

例えば、XcodeというソフトはApple社が提供するプログラミングソフトですが、その使い心地はかなり良く、初心者にとっても分かりやすいです。

また、勉強のコストは最初にパソコンを用意するコストより低く、最初からmacを持っている人は始めるのみなのも、気軽にアプリを作れる状況が揃っているなと感じます。

早速アプリ開発を体験してみよう!

早速アプリ開発を体験してみよう!

macを持っているあなたはアプリ開発をする上でかなり有利です!

macを持っている時点で、アプリ開発を始めるのにかなり有利です!

その理由としては、これまでお伝えしてきた通り、Windowsと比べて、必要な準備が少なく、iPhone向けAndroid向けのアプリ両方ともを簡単に作成することができる環境が整うからです。

例えば、Xcodeというソフトはmacでしか使えませんし、逆にいうとXcodeはmacさえあれば、すぐに入手することができるので、アプリ開発を始めようと思えば、すぐにでも始められるからです。

この記事をmacで見ているのなら、この流れでXcodeをダウンロード!

この記事を見ているmacユーザーの皆さんはこの流れでXcodeをダウンロードしましょう!

その理由として、今この記事を見ている時が一番アプリ開発を始めやすいタイミングだからです。

ちょうどアプリについて調べてたどり着いたのであれば、アプリ開発の環境をmacに準備してしまいましょう!

おすすめ記事
アプリ開発は初心者でもできます!!始め方を徹底解説!

プログラミング初心者だけどアプリ開発を始めたい方へ。 プログラミング初心者でアプリ開発をどのようにすればできるようになるのか、悩んでいませんか? 本記事では、以下の内容について丁寧に解説していきます。 ...

続きを見る

-アプリ開発
-

Copyright© poruka blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.