アプリ開発 プログラミング

アプリ開発ができるプログラミング言語とアプリ開発の始め方を徹底解説

アプリ開発がどのプログラミング言語でできるか気になる方へ。

アプリ開発のできるプログラミング言語は何か気になりませんか?

この記事では、アプリ開発が行えるプログラミング言語について、ご紹介します。

実際にアプリのリリース経験のある私が分かりやすくお伝えします。

アプリ開発ができるプログラミング言語一覧

アプリ開発ができるプログラミング言語一覧

Objective-C

Objective-Cというのは、Apple社の提供しているiOS向けのアプリケーションを開発する言語の1つです。

現在は、Objective-Cのかわりに新しくSwiftという言語を開発し始めたことで、使われる機会は減っています。

Swift

Swiftというのは、Apple社の提供しているiOS向けのアプリケーションを開発する言語の1つです。

こちらは、Objective-Cと違い、Objective-Cの後継の言語として、開発されている言語であるため、今後ますます利用される可能性は高まってくるかと思います。

最近では、SwiftUIという非常に分かりやすいプログラミングの記述方法なども登場し、盛り上がっていること間違いなしです。

iOSアプリ開発をするならば、真っ先に候補に出てくるのがSwiftです。

Java

Javaという言語は、OS関係なくいろんなパソコンで動くソフトが作れることから世界的な普及率もかなり高いです。

そんな言語ですが、アプリ開発においては、主にAndroid向けのアプリに使われることが多いです。

Google社が提供しているAndroid StudioというAndroid向けアプリ開発ソフトでJavaが使用できる点も大きいです。

Kotlin

Kotlinというのは、あまり聞いたことのない言語かもしれませんが、Androidアプリ開発では最近かなり注目されている言語であり、多くの開発者が使用しています。

もちろん、Google社が提供しているAndroid StudioというAndroid向けアプリ開発ソフトでもKotlinが使えることから、多くの開発者が自身のプログラミングコードをインターネット上に挙げていることから、Kotlinを用いて開発する環境はかなり整備されています。

C++

C++というのは、主にUnityを使ったアプリ開発の際に用いられます。

Unity自身、C++を用いており、3Dゲームアプリを開発する際は、好んで選択されます。

Unityで開発することで、AndroidとiOSの両方に対応したアプリを作成することができるという点も評価が高いところです。

C#

C#というのは、xamarinというAndroidとiOS向けの両方のアプリを同時に作成することができるソフトで使用される言語です。

こちらは、AndroidとiOS向けの両方のアプリを同時に作れることから使われる機会も多いですが、機能によっては、実装できないようなものもあるため、使用するかどうかについては開発するアプリによって決める必要があります。

それこそ、簡単なツール系アプリを作るのであれば、xamarinによるC#での開発は選択肢としては十分ありです。

上記で紹介したプログラミング言語がほとんどを網羅していますが、これら以外にもモバイル向けアプリ開発が可能な言語は存在します。

アプリ開発のプログラミング言語におけるポイント

アプリ開発のプログラミング言語におけるポイント

アプリ開発はOSによってプログラミング言語が異なります

アプリ開発はOSによって、使用するプログラミング言語が異なります。

その理由として、OSにより動くソフトが限られているためです。

具体例としては、すでに紹介していますが、Objective-CやSwiftといったプログラミング言語で開発したアプリは基本的にiOSと呼ばれるApple社が提供するOSでしか使用できず、すなわち動くのがiPhoneやiPadなどの製品のみに限定されます。

両OS同時開発が可能なツール

両OS同時によるアプリ開発は非常に効率が良いです。

その理由として、先ほど紹介したようにOSによってアプリ開発をするためのプログラミング言語が異なるということは、iOSとAndroidの両方に対応するために、2つも別のプログラミング言語でアプリを開発しなければならなくなります。しかし、両OS同時に開発できる環境であれば、1つのアプリで両方のOSに対応できるというメリットがあるからです。

具体例としては、C#を用いてアプリを開発できるXamarinというソフトです。

アプリ開発におけるプログラミング言語の最適な選び方

アプリ開発においけるプログラミング言語の最適な選び方としては、iOSならばSwift、AndroidならばJavaもしくはKotlinです。

やはり、上記に挙げたプログラミング言語であれば、OSの開発元が提供しているものであり、安心感があるからです。

また、リファレンスも多く、開発していく上で困ることも少ない点が大きいです。

もちろん、他の候補についても例えば、3Dゲームアプリが作りたいのであれば、Unityを利用した方が良いなど特定の場合において、優位性があったりしますが、基本的には、iOSならばSwift、AndroidならばJavaもしくはKotlinが安定してアプリ開発ができるでしょう。

アプリ開発の始め方

アプリ開発の始め方

アプリ開発で使用するプログラミング言語が分かったら、あとは始めるだけです。

今回は、アプリ開発がスムーズに始められる方法についてご紹介します。

本を購入する

アプリ開発の勉強をする方法として、本で学習するという方法があります。

その理由として、アプリ開発について解説されている本は数多くあり、個人でアプリを開発し、リリースすることができるくらいの力を身に付けることができるからです。

実際に、私も独学で本からのみに勉強でアプリ開発ができるようになり、最終的には個人で作ったアプリをリリースすることができたので、おすすめです。

さらに、本による学習であれば、1冊3000円と少しばかりお金はかかってしまいますが、比較的安く済むのも良い点です。

私が、アプリ開発を独学する際に使った本については、こちらで紹介しているので、もし興味がある方はご覧ください。

おすすめ記事
初心者におすすめな本2選
アプリ開発初心者におすすめな本を徹底紹介

  アプリ開発の初心者でどの本を勉強すれば良いのか悩んでいる方。 プログラミングの初心者にやさしいアプリ開発の本を探している方へ。 アプリ開発を始める上でどの本を選べば良いのか迷っていませんか? この ...

続きを見る

アプリ開発が学べるプログラミングスクールへ通う

アプリ開発を学ぶ方法として、プログラミングスクールへ通うというのも1つの選択肢です。

アプリ開発をプログラミングスクールで学ぶことで、短期間で、アプリ開発の知識を身に付けることができます。

さらには、ある程度学習を強制される環境に身を置くことができるので、継続のしやすさもあるかと思います。

しかし、デメリットとしては、お金がかなりかかってしまうことです。しかし、その費用も安いと思えるほどアプリ開発のノウハウだったり、知識であったりを学べることを考えるとそれほど気にする必要がなかったりも個人的は考えます。

ちなみに、おすすめのプログラミングスクールはこちらにまとめてありますので、アプリ開発を学びたいんだ!という方はぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事
アプリ開発が学べるおすすめプログラミングスクール3選

アプリ開発を学べるプログラミングスクールをお探しの方へ。 アプリ開発を学びたいけど、そのプログラミングスクールに通うか迷っていませんか? 本記事では、アプリ開発の勉強におすすめな3社をピックアップして ...

続きを見る

今アプリ開発を始めるのが、最も良いタイミングです

今アプリ開発を始めるのが、最も良いタイミングです。

これは、間違いありません。今、ここでこの記事を最後まで読んだ方は、アプリ開発を始める絶好のチャンスでしょう。この瞬間がおそらく一番始めようというモチベーションが高いはずですので、ぜひこの機会にアプリ開発を初めては如何でしょうか。

おすすめ記事
アプリ開発は初心者でもできます!!始め方を徹底解説!

プログラミング初心者だけどアプリ開発を始めたい方へ。 プログラミング初心者でアプリ開発をどのようにすればできるようになるのか、悩んでいませんか? 本記事では、以下の内容について丁寧に解説していきます。 ...

続きを見る

-アプリ開発, プログラミング

Copyright© poruka blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.