アプリ開発 勉強

iOSアプリ開発の勉強に必要な準備を徹底解説!これでアプリ開発を始められます!

投稿日:

iPhone、すなわちiOSアプリ開発に興味があるが、勉強の始め方がわからない方へ。

iOSアプリ開発の勉強を始め方を知りたいと思いませんか?

この記事を読むことで、iOSアプリ開発の勉強をよりスムーズに効率的に始めることができます。

私が、iOSアプリ開発を行った経験から分かりやすく勉強の方法をお伝えします。

iOSアプリ開発に必要な準備

iOSアプリ開発に必要な準備

必要なもの一覧

iOSアプリ開発に必要なものはこちらです。

  • パソコン(Mac) 必須
  • スマホ(iPhone) できれば

Macさえあれば、iOSアプリ開発を始めることができます。iPhoneに関しては、持っている方が、デバッグなどの際に使えるので、本気でiOSアプリ開発をしたいと考える方は、準備することをおすすめします。

Macだけで開発できる理由としては、iOSアプリ開発をする上で、必要な環境構築が全て整うからです。

パソコンはMacがほぼ必須

パソコンはMacがほぼ必須になります。

その理由として、iOSアプリ開発をするには、Macでしか動かない専用ソフトを使用するのが最善だからです。 

その専用ソフトというのはXcodeになります。Xcodeというのは、Mac専用のプログラミングをしやすいように作られたエディタ兼コンパイラー付きの統合環境が整っているソフトで、iOSアプリ開発もこのソフトを使用することで簡単に始めることができます。

Macを持っていて、Xcodeの導入を今すぐしたいという方は、手順が書いてありますので、ぜひこちらをご覧ください。

おすすめ記事
MacでXcodeのダウンロード・インストール方法<初心者>

  どうも、porukaです。 今回は、Macを使用して、iPhone用アプリ開発をまだ始めていない初心者向けにXcodeのダウンロード・インストール方法について詳しく解説します。 &nbs ...

続きを見る

iPhone端末はできれば用意

iPhone端末はできれば用意した方が良いでしょう。

これについては、先ほどもお伝えしましたが、iPhone端末を持っていることによって、自作中のアプリを実機でデバッグすることができ、開発をより快適に行う環境を整えることができるため用意した方が良いということです。

しかし、Xcodeにはなんと、iPhoneやiPadなどのシミュレーターがついており、Mac上でもそのシミュレーターを使用することによって、デバッグを行うことができるため、iPhoneを実機で持っていなくても、その機能を利用すれば、問題なく開発をすることができます。

スポンサーリンク

iOSアプリ開発の勉強方法

iOSアプリ開発の勉強方法

独学で勉強

iOSアプリ開発の勉強方法として、独学による知識の習得という方法があります。

実際に、私もiOSアプリ開発をリリースするまでの勉強を全て独学で行ったという経緯があります。そのため、iOSアプリ開発を独学で行うことが可能です。

そのための方法として、一番良いのが、本を読み進めることです。本は一冊3000円と次に紹介するプログラミング教室に通うよりは断然安い上、本に記載してある知識を全て吸収すれば、間違いなく自作アプリのリリースまで辿りつけます。

本について気になる方は、私が実際に勉強に使った書籍をこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

おすすめ記事
アプリ開発おすすめの本
アプリ開発の勉強におすすめな本3選

    アプリ開発の勉強において、本を買おうと思っているけど、良い本がどれか分からない方。 アプリ開発を始めようと思っているが、本で勉強するのは本当に正しいのか、疑問をお持ちの方へ。 この記事を読むこ ...

続きを見る

プログラミング教室に通う

プログラミング教室へ通うことはiOSアプリ開発をマスターする近道です。

プログラミング教室では、その道のプロがiOSアプリ開発について指導してくださるため、身につくのも速いからです。

また、アプリ開発に対する勉強のモチベーションを維持するという点でも、プログラミング教室の方が独学よりはメリットになります。

アプリ開発の勉強におすすめなプログラミング教室に関してはこちらでおすすめなところをご紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

おすすめ記事
アプリ開発が学べるおすすめプログラミングスクール3選

アプリ開発を学べるプログラミングスクールをお探しの方へ。 アプリ開発を学びたいけど、そのプログラミングスクールに通うか迷っていませんか? 本記事では、アプリ開発の勉強におすすめな3社をピックアップして ...

続きを見る

共通して大事なこと

どちらの勉強方法に対しても重要なことは、インターネットをうまく活用すること、つまり、ググる力を身に付けることです。

その理由として、インターネット上にはすでに多くのアプリ開発に関する知識が無料で公開されて眠っているからです。

インターネット上にあるアプリ開発のノウハウを手に入れるためにも、ググる力を身に付けて、膨大な情報の中から、自分が必要とする知識をうまく探し当てる力が必要になってきます。

私自身も、自作のアプリ開発をした際に、そのほとんどを検索することにより、解決していました。

このように、どの勉強方法をとるにしても、インターネットから得られる情報というのはアプリ開発を行う上で、大変重要になりますので、ぜひググる力を身に付けましょう。

そのググる力を身につけるのは簡単です。こちらの記事で解説しているので、アプリ開発を始めようと思っている方は必見です。

おすすめ記事
独学アプリ開発の経験から教える 個人向けアプリ開発勉強法 <初心者向け>

    独学でプログラミングを勉強し、アプリ開発をした経験のある私、porukaがプログラミングを独学する上で感じたこと、意識するべきことを3つ伝授します!   目次 1.アプリ完成までの道のり2.初 ...

続きを見る

スポンサーリンク

iOSアプリ開発の勉強はどれくらい大変か?

iOSアプリ開発の勉強はどれくらい大変か?

開発するアプリのクオリティや機能数に依存

iOSアプリにおける開発期間はクオリティはもちろんのこと機能数によって大幅に変化します。

その理由として、機能数が多けば多いほど比例して、開発期間が長くなるためです。

これまでは当たり前かもしれませんが、アプリ開発というのはアジャイル開発という手法が多くとれられている点も覚えておいた方が良いかと思います。

アジャイル開発というのは、アプリの場合だと、そのアプリをリリース後もユーザーの反応等を見ながら常に改善していくという手法で、基本的に開発終了というものがありません。

そのため、リリースしたアプリもユーザーの反応を見て、機能追加するなどということが、よくあるため、時間や期間という観点では、アプリによって差が大きいです。

おすすめ記事
個人アプリ開発の流れとそれぞれに要する時間
初心者がアプリ開発を始めてリリースまでにかかる時間を徹底解説!

個人でアプリ開発を始めたいと思っている方へ。 プログラミング初心者がアプリ開発を勉強してリリースするまでにどれくらい時間がかかるのか気になりませんか? この記事を読むことで、アプリ開発の勉強からリリー ...

続きを見る

エラーの解決方法が分からなくて困ることが多い

エラーの解決方法が分からなくて困ることが本当に多いです。

この理由としては、Xcodeが優秀で、少しでもクラッシュなどを起こしそうなコードを組むだけで、すぐに警告を出してくれるためです。

開発者としては、エラーがなくならないとアプリを動かすことができないため、大変な思いもしますが、エラー箇所が明示されてることからしっかりと一つずつチェックすることで、クラッシュを起こさない、快適なアプリを開発することができます。

このエラーの解決方法ですが、この時に活躍するのが、インターネットでググる力です。大半のエラーは世界中の開発者が一度通った道ですので、基本的にググることでその対処法を見つけることができるワケです。

実際に、私もエラーの対処法については、ググることで対処していました。

費用はそれほどかからない

iPhoneアプリ開発を始める上で、費用はほとんどかかりません。

その理由としては、Macを持っているだけで、あとは基本的に無料でアプリ開発を始めることができるからです。

費用としてかかるのは、Macの準備費用と勉強の際に必要な教材などの費用、それからリリースするためのApple社との年間契約費用になります。

費用に関する詳細はこちらの記事で、もれなく全てを解説しているので、アプリ開発の費用がどれくらいかかるのか気になるなという方はぜひこちらを一読ください。

おすすめ記事
個人によるアプリ開発でかかる費用を徹底解説!【完全版】

自作のアプリ開発をしてみたい方へ。 個人でアプリ開発をするとなると、どれぐらいの費用がかかるか不安に感じていませんか? この記事では、以下のことを分かりやすく解説していきます。 目次 個人によるアプリ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アプリ開発, 勉強
-,

Copyright© poruka blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.