アプリ開発 勉強

アプリ開発の勉強におすすめな本3選

   

アプリ開発の勉強において、本を買おうと思っているけど、良い本がどれか分からない方。

アプリ開発を始めようと思っているが、本で勉強するのは本当に正しいのか、疑問をお持ちの方へ。

この記事を読むことで、個人アプリ開発における勉強でおすすめの本と、本による勉強がどれだけ効果があるのかが分かります。

私は、実際にiOSアプリを個人で開発し、リリース経験から、当時学ぶために使ったおススメの本などを紹介できればと思います。

アプリ開発おすすめの本

アプリ開発おすすめの本

改訂版 No.1スクール講師陣による 世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業

私のおすすめする一冊目のiOSアプリ開発の本は「改訂版 No.1スクール講師陣による 世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業 」です。

この本は、私が実際にアプリ開発を始める際に初めて読んだ本であり、プログラミング未経験者にとっては、優しく書いてありつつも、しっかりと練習用アプリを本の中でいくつか作ることができる、その両方のバランスが取れていることから選びました。

この本では、最初の方では子供向けの知育アプリを作るところから始まり、後半の方になっていくと、クイズアプリなど普段の生活でも目にするようなアプリも作れるようになり、そう言ったアプリがどのように作られているかというのを学ぶことができます。このように、プログラミングに比較的苦手意識のある方でも、スラスラと読めるはずです。

ただし、プログラミング経験者にとってみると少し内容が簡単に感じられるかも知れません。そこで次に紹介する本をおすすめします。もちろん、初心者の方でも次紹介する本から初めていただいても大丈夫です。
 

 

本気ではじめるiPhoneアプリ作り

私のおすすめする二冊目のiOSアプリ開発の本は「本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 10.x対応」です。

この本は、私がアプリ開発の勉強を進めていく際に買った本で、個人的にはニュースアプリなどある程度実践に近いようなアプリ開発のノウハウが詰まっていると感じたため選びました。

やはり、何かアプリを作りたいとなったときに必要な力というのはこの方法を使えばできそうだなというぼんやりでもいいので、想像がある程度持てる状態に持っていくことが重要になってきます。

そのためには、基本的な画像のキャッシュ処理やサーバーのデータ受け取りなど基本的な仕組みは理解する必要があります。その中で、本書であれば、そう言ったアプリ開発の基本をしっかりと学び取れて、実際に自作のアプリを使うとなったときに、その経験が必ず生きてきます。

そのため、自作のアプリ開発をしたいと思っているがまだ始めていないという方は、最初の本として、ぜひこちらの本を読むことをおすすめします。

 

はじめてのAndroidプログラミング 第4版

私がおすすめするAndroidアプリ開発の本は「はじめてのAndroidプログラミング 第4版」です。

この本は、私がAndroidアプリ開発の勉強をする際に本屋で探した中で、個人的に一番わかりやすく書いてあるなと感じたため選ばせていただきました。そのため、どれが一番分かりやすいのか迷っている方がいたらこちらの本の購入をおすすめします。

こちらの本は、少し難しいのかなとも思いますが、他の本を探してみても難易度に関しては、今回紹介している本が優しいくらいで中にはそれよりもレベルの高い本が多かったため、初心者の方でもAndroidアプリ開発をしたいという方は本書を選ぶのが最善です。

また、こちらの本は画像を多く用いているので、視覚的に何を行っているのか分かりやすい点も私としては他の本と比較して、良いなと感じた点です。

アプリ開発の勉強で本を使うメリット・デメリット

メリット基本を自分のペースで学べる

アプリ開発を本で勉強するメリットとして、自分のペースで学べるというのは大きいと考えます。

人によって、プログラミングの経験の有無などにより、序盤の進み具合や理解度というのは大きく違ってきます。そんな中でも、本であれば自分にあったレベルでかつ自分が一番理解しやすいと思える物を選び、勉強できるからです。

私自身も、iOSアプリ開発の勉強の際には、プログラミング未経験だったこともあり、最初は本記事で一番最初に紹介した簡単な本から初め、その後二冊目に紹介した本で本格的にアプリ開発を学んだという経緯があります。

このように、アプリ開発を本で勉強するメリットとして、自分のペースで進められるというのは1つ良い点だと思います。

 

メリット勉強しながら自作のアプリが作れる

2つ目のメリットとして、アプリ開発を本で行うと練習用アプリではあるが、プログラミングの勉強をしながら、実際に自作のアプリを完成させることができるという点があります。

理由としては、勉強中の身とは言えど、自作のアプリが1つ完成しただけでもかなりモチベーションにも繋がりますし、そのアプリで遊ぶこともできるのも、1つ楽しみなのではないかなと考えるからです。

私自身も、練習用のアプリを作りながら勉強し、実際にそれを実行して動いたときは、練習用のアプリだとしても嬉しかったし、その経験がさらにやる気を生み出していたように感じます。

 

デメリット自分のやりたいことが書いてあるとは限らない

最後に、アプリ開発を本で勉強する際のデメリットとして、自分のやりたいことが書いてあるとは限らないということについて説明します。

それがデメリットである理由としては、自分の作りたいアプリとアプリ開発の本に記載されている技術が一致していないことがあるということがあるからです。これに関しては、本を選ぶ際に慎重に確認する必要があります。

さらには、自分がどんなアプリを作りたいのかによって、学ぶべきプログラミング言語そのものを変えた方が良い場合も出てきてしまうので、そういうことがないように、自分の作りたいアプリから勉強するべきプログラミング言語を考え、それに合う本を選ぶ必要が出てきます。

詳しくは、こちらの記事にて記載をしているので、興味のある方は確認してみることをおすすめします。

おすすめ記事
まずは、どんなアプリを作りたいのか考えよう
個人アプリ開発の勉強の始め方を徹底解説!

アプリ開発の勉強を始めたいけど、どのようにすれば良いのかあまり分かっていない方。 アプリ開発の始め方を知りたいと思っている方へ。 この記事を読むことで、個人アプリ開発の勉強をスムーズに始められるように ...

続きを見る

アプリ開発の勉強は手を動かすことが大事

アプリ開発の勉強は手を動かすことが大事

アプリ開発の勉強はプログラミングの勉強と一緒

アプリ開発の勉強はプログラミングの勉強とやり方は一緒です。

結局、アプリ開発はプログラミングとそれを動かすためのソフトを使えこなせるかが重要になってくるからです。

そのため、過去にプログラミングの学習経験のある方は、その時に行った勉強法をそのままアプリ開発の勉強に使えば、学習もスムーズにできるのではないかと思います。

一方で、これまでプログラミング経験が全くなくて勉強方法が分からないという方も心配する必要はありません。私も、プログラミング未経験から無事に自作アプリを世に出すことができました。

そのためのアプリ開発勉強方法で一番重要なのが、次に示す2つです。

  • 手を動かすこと
  • 体(手)で覚える

この2つを意識するだけでもアプリ開発のスキル上達は一段と早くなります。それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

手を動かすことが実践にそのまま生かせる

手を動かすことは、アプリ開発の勉強の中ではかなり重要になります。

その理由としては、実際に手を動かして、プログラミングのコードを1つずつ打つことにより、流し読みするよりは1つずつの意味などの理解が圧倒的に深まるからです。

アプリ開発の勉強を本で始める方には注意して欲しい点でもあります。ついつい、本に書いてあるプログラミングのコードを見るだけで、できるようになった気になってしまい、パソコンを開くこともなく読み進めてしまいがちですが、プログラミングの勉強、アプリ開発の勉強においては、それでは身につきません。

しっかりと、少し馬鹿馬鹿しく感じるかもしれませんが、本に書いてあるサンプルコードを地道にパソコンを開いて打ってみてください。そして、それが完成したら実行もしてみてください。

そうすると、思いもしないエラーが出てきたりして、最初は困るかもしれません。

しかし、そのような経験を乗り越えることで、自作アプリを作る時に困らずに済みますので、そう言った予測もしないエラーに慣れるようにしましょう。

実際に、アプリ開発をしていると予想しないエラーは頻繁に起こるもので、それをどのように解決するのかというのも1つスキルとしては重要です。

このように、手で動かす、というのを忘れずにアプリ開発の勉強をするようにしましょう。

 

体で覚えるイメージで進めよう

体(手)で覚えるイメージで進めると尚良いです。

結局のところ言っていることは、先ほどと同じで、手を動かしていくことが重要だということです。さらには、手で覚えるぐらい繰り返すことで、やっと身につくものだと思ってください、ということです。

その理由としては、やはり手を動かして、何かを実装する時に勝手に体が動くぐらいまでにならなければ、自作のアプリ開発を作れるようにならないからです。

アプリを最初から完成までにもっていくのは途方もなく時間がかかります。その中で、基本的な操作やコーディングで時間を毎回かけているのは、精神的にも厳しいものが出てきます...。

そのため、勉強段階のうちから、先ほど上の方で紹介した本でも良いので、それらを1周はともかく2,3周することを強くおすすめします。

私自身も、上記で紹介した一番目の本は、2,3周はしました。

このように、体が勝手に動くぐらい、繰り返し勉強をしていくことが重要です。

おすすめ記事
アプリ開発は初心者でもできます!!始め方を徹底解説!

プログラミング初心者だけどアプリ開発を始めたい方へ。 プログラミング初心者でアプリ開発をどのようにすればできるようになるのか、悩んでいませんか? 本記事では、以下の内容について丁寧に解説していきます。 ...

続きを見る

おすすめ記事
独学アプリ開発の経験から教える 個人向けアプリ開発勉強法 <初心者向け>

    独学でプログラミングを勉強し、アプリ開発をした経験のある私、porukaがプログラミングを独学する上で感じたこと、意識するべきことを3つ伝授します! 目次1 1.アプリ完成までの道のり2 2. ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ポルカ

もうすぐ社会人。数学、最近は特に統計学やデータサイエンスにまつわる記事を誰にでも分かりやすくをコンセプトに執筆しています。 そのほか、独学でのアプリ開発の経験や光回線についての記事も発信中!!

-アプリ開発, 勉強
-

© 2020 poruka blog Powered by AFFINGER5