アプリ開発

アプリ開発の基本から簡単にできるツールまでを徹底紹介!

アプリ開発を始めたいと思っている方へ。

アプリ開発を簡単に始める方法を知りたいと思いませんか?

この記事では、アプリ開発を簡単に行える方法を全てご紹介していきます。

実際にアプリ開発経験のある私が、アプリ開発を簡単に始める方法について、解説していきます。

アプリ開発の基本的な知識

アプリ開発の基本的な知識

アプリ開発はOSごとに行う

アプリ開発は基本的にOSごとに開発を行います。

スマホでよく使われるOSとして、AndroidとiOSの2種類あります。そのOSそれぞれでアプリを別々で作るというわけです。

その理由としては、OSの開発元が異なるためで、OSによって動くプログラミング言語が異なるからです。

例えば、iOSアプリを作る場合、Swiftという言語を使用してアプリ開発することができますが、このSwiftという言語でできているアプリはAndroid端末上では動きません。

このように、OSごとにアプリを作るのがアプリ開発の基本です。

アプリ開発はパソコン一台あれば可能

アプリ開発はパソコン一台あれば始められます。

その理由として、アプリ開発に必要なのはアプリ開発専用のソフトだけだからです。

そのソフトをダウンロードして使える準備を整えればあとは始めるだけですから、実質パソコンさえあればアプリ開発を始めることができます。

例えば、Android向けアプリを作りたいと思った際には、Android StudioというAndroid専用アプリを作れるソフトを無料でダウンロードするだけで、パソコンさえれば、開発を始めることができるのです。

このように、アプリ開発を始める敷居はかなり低くなっています。

アプリ開発をする方法はたくさんある

アプリ開発を行う方法はたくさんあります。

これまで、具体例でお話してきましたが、アプリ開発を作るためのパソコン用ソフトは数多くあります。

例えば、iOS向けアプリ開発では必須と言っても過言ではないくらい有名なソフトでXcodeというものがあります。しかし、そのXcodeのみならず、最近ではXamarinやmonacaなど本当に数多くのアプリ開発ができるソフトが出ていることから、自分に一番合う開発環境を選ぶことが重要になってきます。

この記事では、そんな開発環境の中から、その中でも簡単なものをピックアップしてお伝えしていきます。

アプリ開発が簡単にできるようになってきた理由

アプリ開発が簡単にできるようになってきた理由

OSごとに作る必要がなくなった

最近では、アプリ開発を必ずしもOSごとに作る必要がなくなりました。

その理由として、iOSとAndroidの両方を同時に作ることができるツールが作成されるようになったためです。

具体例としては、Xamarinが挙げられます。このXamarinはC++でアプリを作ることができ、iOSとAndroidの両方に対応しているアプリを簡単に作成することができるのです。

参考書など学ぶ環境が整ってきた

アプリ開発において、その勉強をするための参考書など、学ぶ環境が整ってきました。

実際に本屋でアプリ開発本がおいてあるコーナーに行ってもらうと分かりますが、アプリ開発の基本的な知識が学べるような本が数多く陳列されています。

今となっては、自分にどの本が合うのか選ぶことができるほど多くの書籍があるので、そう言った環境が整ってきた点からも、アプリ開発を始めやすくなってきていること間違いなしです。

連携が楽なサーバーが増えた

アプリ開発において、必要なサーバーにおいて、連携が楽なサービスが増えました。

その理由として、これまでサーバーはPHPを始めとするプログラミング言語を一からサーバー向けに学習しなければサーバーにデータを預けて引き出すということすらできなかったのに対して、現在では、ほとんど学習せずとも、簡単なデータの送受信ができるようなサービスが多くあります。

その一例としては、Firebaseです。このFirebaseは実際に私も使用経験があるのですが、アプリ開発初心者にとっては、とても便利です。なぜなら、Firebaseというサービスでサーバーを利用するにあたり、必要な設定や学習コストがほとんどないくらい節約することができ、自分の本来やりたいと考えているアプリの方に重点をおけるからです。

このように、最近はアプリ開発を始める上で最適とも言える環境が整っているので、始めるのは今がおすすめです。

アプリ開発を簡単に行う方法

アプリ開発を簡単に行う方法

Xcode & Swift or Android Studio & Java(Kotlin)

アプリ開発を本気で行いたいという方には、こちらの開発環境をおすすめします。

OSソフトプログラミング言語
iOSXcodeSwift
AndroidAndroid StudioJava(Kotlin)

この開発環境は、簡単というよりは王道と言った方が良いかもしれません。注意点として、表にある通り、OSごとに開発環境が違ってきます。

ですが、アプリ開発を本気でやりたいと思っている場合は、こちらの開発環境を最初から使うことで、アプリ開発を極める上で、最短ルートを辿ることができるため、今回紹介しています。

やはり、アプリ開発は突き詰めていくと、公式が出している開発環境がベストですから、そう言った意味で、簡単と言えるのではないでしょうか。

実際に、私もこの開発環境でアプリ開発を学習しましたが、最終的に自作のアプリをリリースできるくらいにはなれたので、確実な選択肢と思っていただいて構いません。

Xamarin

Xamarinを利用するというのも簡単にアプリ開発を行うという意味では有力な選択肢です。

その理由として、iOSとAndroid両方に向けたアプリを一気に作ることができるという点で、労力も少なくて済むからです。

両OSに対応したアプリを作りたいというのと、C#を学びたいという方にはこの開発環境を選ぶとよいでしょう。

Monaca

Monacaは今回ご紹介する中で一番簡単にアプリ開発ができます。

その理由として、両方のOSに対応しているという点はもちろんのこと、MonacaはJavaScript, HTMLなどと言った、プログラミング言語の中でも簡単な言語を用いてアプリ開発をすることができる点からです。

デメリットとしては、上記で紹介している開発環境に比べてできることが減ってしまいますが、基本的な機能や簡単なアプリを作りたいという人にとってみれば、最適であること間違いなしです。

おすすめ記事
スマホアプリの基本的な知識
スマホアプリの作り方を初心者にも分かりやすく徹底解説!

スマホアプリの作りたいと思っているプログラミング初心者の方へ。 初心者として始めるにあたり、スマホアプリの作り方を知りたいと思いませんか? この記事を読むことで、プログラミング初心者の方でもアプリの作 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

ポルカ

もうすぐ社会人。数学、最近は特に統計学やデータサイエンスにまつわる記事を誰にでも分かりやすくをコンセプトに執筆しています。 そのほか、独学でのアプリ開発の経験や光回線についての記事も発信中!!

-アプリ開発
-

© 2020 poruka blog Powered by AFFINGER5