書評

【レビュー】あえて、レールから外れる「逆転の仕事論」を読んだ感想【堀江貴文 著】

「逆転の仕事論」を読むか迷っている方へ。

「逆転の仕事論」を読んだ感想を知りたくありませんか?

この記事を読むことで、「逆転の仕事論」という本の価値、読むべき理由が分かります。

実際に本を読んだ身として、その感想を事細かにお伝えしていきます。

ポイント

「逆転の仕事論」は、現在「Amazon Prime」会員になりますと、無料で読むことができるので、おすすめです。(「Amazon Prime」会員になるのも30日間無料ですので、実質無料で読めます。)

「逆転の仕事論 」を読んだ感想は?

8人の人生体験が可能なお得感

「逆転の仕事論」を読んだ感想として、一冊で8人もの人生の体験ができるのは、すごくお得感があるなと感じました。

読むことで人生体験できる8名の方

 

  • 武田 双雲
  • 佐渡島 庸平
  • 増田 セバスチャン
  • 田村 淳
  • HIKAKIN
  • 小田吉男
  • 小橋賢児
  • 岡田斗司夫

本のメリットとして、他人の人生がのぞけるということが言われるが、この本は特にそのメリットが大きくなるように構成されています。
例えば、武田双雲さんの書道を仕事にする前の人生がどういうものだったのか、どういう経緯でそのような人生展開が起きて、書道家となったのか、という経験を得ることができます。

このように、本書では、上記8人の人生を擬似体験できるというのが、有益な点だと感じました。

人生の価値観が広がる

人生の価値観が広がりました。

本書で登場する8人の方は、ある分野で大きく突き抜けて結果を出している方々であり、そう言った方々がどのような価値観を持っているのか知ることで、価値観が大幅に広がったと感じたからです。

実際に、8人の方に共通する価値観であったり、成功に導いたと思われるマインドというのが存在していたように感じました。私が読んだだけでも、例えば、「自分の一番になれることを見極める」力というか、それを常に探し求める貪欲さというのは、どの方にも共通するマインドであると思えました。

このように、人生をこれから生きていくにあたって有益なの価値観の広がりが期待できます。

常識を破壊してくる感覚

常識を破壊してくる感覚がありました。

その理由として、明らかにこれまでになかったことにいち早く気づけて行動している人たちの集まりなので、ある種当たり前かもしれない。
しかし、この常識を破壊してくる感覚というのは、この本を読んでいて爽快感を感じさせられた。

この常識を破壊してくる感覚というのは、紹介されている8人全員がそれぞれ感じさせてくれるものなので、ぜひこの爽快感を味わいたいという方には手にとって欲しいところです。

「逆転の仕事論 」から得られること

仕事論の本質を知れる

この本では、仕事論についてそのコアな考え方というのが分かります。それを知ることによって、さらに仕事がそして人生が良いものになる行動が取れるようになるでしょう。

その理由としては、明らかに8人の紹介されている方々がそれを成し遂げているからです。

その中でも、一番印象に残っているのは、イノベーターと呼ばれるような人たちは、ただ単にリスクを取って行動しているわけではなく、足下を固めて、段取りをしっかり踏みながら、レールを抜け出すジャンプをしたということです。

イノベーターのような遠い存在に感じる人は、リスクをとって成功していて自分には無理だと思い込んでいましたが、決して現状を投げ出して飛び込んだわけではなく、リスクヘッジを限界まで行ってから大きくジャンプしたと知り、少し希望が持てたようにも感じます。

レールから外れて、成功するパターンは無限大

レールから外れて、成功するパターンは無限大であることが分かります。

その理由は至ってシンプルで、本書で紹介されている8名の方々は、それぞれ別の成功パターンをおさめているからです。

逆にいうと、成功のパターンというのは、真似することができないのかもしれません。しかし、上記のような共通点も多く感じられました。この本を読むことで、成功者の共通点を知ることもまた、自分の人生を好転させることに繋がりそうです。

まとめ

 

「逆転の仕事論」のここがポイント

  • 8人の人生体験が可能なお得感
  • 人生の価値観が広がる
  • 常識を破壊してくる感覚

学べること

  • 仕事論の本質を知れる
  • レールから外れて、成功するパターンは無限大

「逆転の仕事論」を読んだ感想をこれまでお伝えしてきました。非常に読者の考えを広げることを期待できるほんとなっていますので、現在の仕事に不満がある方やもっといい人生の生き方がないのか気になる方は、ぜひ読んでみることをおすすめします。

ポイント

冒頭でもお伝えしているように、「逆転の仕事論」は、現在「Amazon Prime」会員になりますと、無料で読むことができるので、おすすめです。(「Amazon Prime」会員になるのも30日間無料ですので、実質無料で読めます。)

  • この記事を書いた人

ポルカ

もうすぐ社会人。数学、最近は特に統計学やデータサイエンスにまつわる記事を誰にでも分かりやすくをコンセプトに執筆しています。 そのほか、独学でのアプリ開発の経験や光回線についての記事も発信中!!

-書評
-

© 2020 poruka blog Powered by AFFINGER5