分からない、知らないを解決する

poruka blog

SQL データベース

データベースとは 分かりやすく解説します② <SQL初心者>

更新日:


どうも、porukaです。

 

初回からはこちら

今回は、前回に引き続きデータベースについての説明をしていきます。前回は、「データベースとは何か」から始め、「DBMS」、「SQL」について、それから、「データベースの種類」についても解説しました。

 

それに続きまして、今回は、

1.データベース製品の種類

2.SQLの標準化

3.データベースサーバ

の三つについてお話をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

1.データベース製品の種類

まず、種類の説明に入る前に、RDBMSについてです。

RDBMSとは、データベースの管理システムの名前で、リレーショナルデータベースを管理するソフトウェアの総称として使われる言葉です。

現在、このようなRDBMSとして販売されているものもしくはオープンソースとして公開されているソフトウェアはたくさんあります。

Oracle

これは古くからある製品で、現在でも、多くの人が利用するデータベースです。

SQL Server

SQLServerとは、Microsoft社が開発したRDBMSです。Windows上でのみ動き、RDBMSの中では新しいものです。

PostgreSQL

オープンソースとして開発されているRDBMSであり、誰でも自由に利用できます。

MySQL

MySQLも、同様にオープンソースコミュニティから生まれたものであり、当初は機能が少なかったものの、今では多くの機能が追加され、他のRDBMSとはさほど差がありません。初心者にはオススメです。

DB2

このRDBMSは古くから存在する、IBM社が開発したものです。しかし、DB2販売開始当初は、Windows等では動かなかったため、Oracle有名になることはありませんでした。

 

2.SQLの標準化

これまで、様々なRDBMSについて紹介してきましたが、これからは、それらを動かすのに必要なSQL命令についてお話しします。RDBMSはたくさんの種類があり、それぞれで同じ操作ができるのにSQLによる命令では異なる方法であったことから、それらを同じに、つまり標準化をしようということになったのです。現在、多くのRDBMSが標準化へ向けて努力をしてきた結果、方言と言われる、違いというのは少なくなってきています。

 

3.データベースサーバ

これまで説明してきたRDBMSは、その多くがネットワーク上でたくさんのユーザーと連動していることがイメージしやすいかと思います。それらを可能とするのがサーバであり、次にその説明をします。

基本的な仕組みとしては、以下の通りになっています。↓

  1. クライアント(ユーザー)からサーバに対して、接続要求やSQL命令の実行要求をします。
  2. サーバはそれの要求に対して処理を行い、その結果をクライアントに戻します。

たったこれだけですが、学んでいくととても奥が深いです。

通常のRDBMSはネットワーク上のサーバマシンを一つ独占して稼働します。しかし、自前でそれを用意するのは大変です。そこで、勉強するときなどに行う方法としては、同じパソコン上に、クライアントとサーバの両方のソフトウェアを稼働させるものです。それを、クライアント/サーバモデルと言います。

 

まとめ

RDBMSには、様々な種類がある。

しかし、SQL命令は標準化が進み、共通の命令で処理が可能に!

データベースサーバによってクライアントとRDBMSを結びつけることができる。

 

 

次回は、クライアント/サーバモデルをWebシステムを例に詳しく解説します。

第三回はこちらから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-SQL, データベース
-,

Copyright© poruka blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.