分からない、知らないを解決する

poruka blog

コンパイラ

WindowsでC言語をコンパイルする一番簡単な方法!②<gcc> <MinGW>

更新日:

 

 

どうも、porukaです。

WindowsでC言語をコンパイルする方法として、gccをインストールする方法を紹介しています。

→初回はこちらから!

 

今回は、gccをどの階層のファイルにコンパイルしたいソースコードファイルがあったとしても、使えるようにしていきます。

 

目次

1.インストール手順(つづき)

2.gccについて紹介

3.まとめ

 

 

 

1.インストール手順(つづき)

 

まず、コントロール パネルを開きます。

そこで、「システムとセキュリティ」をクリックします。

 

 

この画面に移るので、ここで、ウィンドウの中心にある「システム」をクリックします。

 

 

次に、左側にある、「システムの詳細設定」をクリックします。

 

スポンサーリンク

 

そうすると、システムのプロパティというウインドウが出てくるので、下の方にある、「環境変数(N)...」をクリックします。

 

 

〜注意!〜

ユーザー環境変数(U)システム環境変数(S)の二種類がありますが、これは、ユーザー環境変数の場合、今、ログインしているユーザーのみに反映されるのに対して、システム環境変数は、ほかのユーザーに対しても適応されます。

 

ここでは、ユーザー環境変数または、システム環境変数のどちらか、好きな方を選んで下さい。その中にある、変数というものの中に「Path」と書かれたものがあるので、それを選択して、編集(E)をクリックして下さい。

この作業で、すでに入っている値を変更、または、削除してしまうと、大変なので、慎重にやりましょう。

 

編集(E)を選択すると、上のような画面が表示されるので、そこで、空欄の場所を選択し、↑のように、

「C:¥MinGW¥bin」

と入力します。

最後に、「OK」をクリックして終了です。

ほかのウィンドウも閉じてしまって大丈夫です。

 

 

これで、gccをどの階層のファイルにコンパイルしたいソースコードファイルがあったとしても、使えるようになりました!

 

では、確認して行きましょう。

 

まず、コマンドプロントを開きます。

そこで、

「gcc --version」

と入力します。

↑のように表示されれば、成功です!

これで、どの階層にソースファイルがあろうともgccでコンパイルすることが出来ます。

 

 

2.gccについての紹介

 

今回、gccを用いてC言語をコンパイルすルための環境を整えてきました。

そこで、肝心のgccのコマンドを知らない、あまり詳しくない、という方に向けて分かりやすくこちらの記事で解説しています!

↓もし興味がある方はぜひ、こちらを参考に、コンパイルして見て下さい!↓

gccとは gccコマンドについてわかりやすく解説します <初心者>

 

 

3.まとめ

MinGWのgccコマンドを導入する他にも、様々な方法で、C言語をコンパイルする方法があるので、これからは、そちらの方も頑張って解説して行きます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コンパイラ
-,

Copyright© poruka blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.